おすすめのプチ整形|楽に二重にしちゃおう!

レディー

リフトアップ

顔のたるみが原因で年齢より老けて見られることもあるかもしれません。整形では簡単な治療でたるみを目立たなくすることも可能です。少しの投資で若さを手に入れることが出来ますから自己ケアでたるみが改善しない場合は整形も視野に入れてみましょう。

手軽に好みのまぶたに

目元

まぶたの裏側での施術

美しい顔になることを希望していても、整形手術を受けることには抵抗があるという人は多くいます。そのような人のために昨今の美容外科では、プチ整形と呼ばれる施術がさかんにおこなわれるようになっています。プチ整形とは、文字通り大掛かりではない美容整形のことで、たとえばヒアルロン酸注射によるシワの除去や、ボトックス注射によるリフトアップなどがあります。いずれも施術時間が短く、肌に傷が残る心配もなく、それでいて効果が高いために人気があります。そしてプチ整形の中でも特に高い需要のあるものが、埋没法です。埋没法とは、まぶたを裏側から糸で引っ張って埋没させるという施術で、これにより手軽に二重の状態にすることができます。まぶたの裏側での施術ですから、やはり肌表面に傷は残りませんし、糸が残っている限りは二重の状態が持続するのです。

自由にデザイン

埋没法では、通常は片方のまぶたにつき2箇所に糸が通されます。糸で2箇所を埋没させれば、そのくぼみがつながることで、まぶたには横方向に走る二重の溝ができるわけです。しかも糸を通す箇所によって、目との幅を細かく調整することができます。目に近い位置に二重の溝を作ることもできますし、やや高い位置に作ることもできるのです。さらに、それぞれの糸の高さを変えることも可能です。2箇所の高さを揃えれば、目のラインに沿って平行となっている二重になりますが、片方のみやや高い位置にすれば、末広がりの二重になるのです。このように、手軽なプチ整形にもかかわらず、埋没法では好みに合わせてデザインを自由に決めることができるのです。

ドクター

美肌効果のある施術

東京の美容外科の中でも、人気を集めている施術がレーザー治療です。なぜなら、シミやシワの改善ができるからです。レーザーを気になる部分に照射することで、肌の状態を向上させる事ができます。ダイオードレーザーやQスイッチルビーレーザー等の最新機械では色素沈着や炎症によって引き起こされたシミに有効です。

女性

原因と治療法について

顔のたるみの治療法にはいくつか種類があります。フェイスリフトやスレッドリフトなどです。双方にメリットがありますので、それを把握して選ぶことが大切です。クリニックによって治療法が違うので、自分に適した治療法を提供しているクリニックを選ぶのも良い選択です。

このエントリーをはてなブックマークに追加